STORY, 第一章人生は足し算

1-9 「生死をかけた恐怖のデトックス」


自分の過去の体験・・

読まなくていいですよ!

この体験談は最後にしたいほど・・・(汗)

 

t02200165_0800060010567538418

 

TVでの芸人の残り寿命何年?それを見て

当時の私の状況を思い出してしまった(大汗)

お笑い芸人たちの食生活や生活習慣の乱れによる寿命査定!

あれは、決して他人事ではない・・・

彼らは幸いにも病の発生の自覚症状が軽い!?

軽くはないのですが、

私の場合いは、MAXに発症をしてしまった・・・

その当時以前の反省を込めてチョッくら回顧(笑)

自覚症状が初期的段階を越え、現実になった様は、

10年間、触れられないくらいのトラウマとなったのです。

その生死をかけたデトックスとは!?

10年以上前から危険な状況であったのですが、

本人は発症するまで呑気なもの・・・

当時の健康診断では

①不整脈
②コレステロール360
③脂肪肝
④時折喘息
⑤アトピーは以前から
⑥ステロイドは30年は使用・・

自営業でお好み焼き屋を始めて2年目の冬に

お店で大好きなお肉のステーキを食べてからカラダに異変が・・・

その日から数日で首周り、胸に向かって赤く皮膚が炎症を起こし、

痒みと共にジンワリト1週間で悪化・・

ヤバイ!!

皮膚科に何軒かいってもアトピーとしか言わない

医者もコレといった対策が無い

近所の小児科の先生が有名とかで行くと、

赤ちゃん対応の赤チンを塗ったが全く効かない

医者も困惑・・・

誰に頼っていいのか・・・

その赤く炎症を起こし悲鳴を上げた皮膚は、顔にも広がる

そして指も腫れあがり一体何が起こったのか!?

いま思えば、

アトピーだけではない

複合的な要素が重なり全てが悲鳴

コレステロール値の高さで血管がドロドロで詰まった

腸内も悪玉菌で腐敗

それが皮膚に出てきて皮膚が腐っていった・・・

カラダが限界になったのです。

当時の対処は、

漢方によるもの

友人から漢方薬屋さんでアトピーの専門家を紹介頂き

千葉県へ足を運んだ・・

「思ったより酷い・・ですね・・・」

「アトピーのある人は全身から毒が出ます」

「ご家族の理解が無いと・・・」

その意味を余り理解していなかったのですが

お金をかけずに出来るし、漢方だし

それ以外治療方法はない!!

そう思ったので迷わずに錠剤を飲むことになったのです。

「完治するまでは途中で辞めないように!」

その言葉は想像を絶するデトックスであったのです。

今思うと2度とは出来ない(大汗)

当時はお店をやっていましたのです。

地獄の生死をかけた壮絶デトックスとなったのです・・・

それは、

全身の毛穴から膿がジンワリト噴き出る

眉毛は抜け

瞼が腫れ人相が変わり

皮膚が割れて膿が出てくる

耳から何カ月も膿が出つづけ

首は赤く爛れ回らない

指先に赤黒い膿がたまり固まっている

布団は1ヵ月で真っ黒の膿で湿った・・

枕も何度か変えて

昼間はカーテンで光を遮断。

自分の皮膚の変容が怖くて見られない鏡

外に出られない

夜は電気を消して暗い生活

隔離部屋での死闘

元嫁には過酷な思いをさせた・・・

1ヵ月10キロ体重が落ち、骨と皮

人相が変わった私は、お客さんは寄り付かない

シャブ中だとかの噂・・

恐怖におののくお客様

久しぶり再会の妹は泣き崩れ

その話を聞いた母は半狂乱

気丈だった元嫁も限界へ・・・

TVでの自覚症状が出ていても気がつかないのも分かります。

私も、早く気がついて治療や摂生をしておけばよかった・・・

そう思ったのです。

しかし

運命は皮肉にも

散々と偏食をし

未熟児で生まれ人一倍に身体をいたわらないといけないのに

8歳で肺炎をこじらせてからの喘息。

高校卒業と共にアトピーに変化

調理の仕事もアトピー悪化で何度も辞めてきた・・

でも

なぜだか飲食の仕事に復帰するご縁

水仕事が出来ない

手のひら、指、爪が耐えられない・・・

夏場でも手袋をしていたり

疲れがたまると毒素は膿となってしまう・・・

これ以上ブログで伝えるのがしんどくなるのでこの辺で・・・

なので

自分のカラダを通して学んだ恐怖のデトックス。

それでも何度も繰り返した過去の未熟さ

全てが自己責任

母親はこんなカラダに産んでスマナイという

とんでもない

この授かった自分のカラダ

私は、一度も親を恨んだことはない

経験から学ぶ

その経験は、これ以上自分の地獄の経験をしてほしくない

なので

アトピーから学び

自分を知り

人様のお役に少しでもたてられるとありがたい。

ただそれだけ

今後はこれ以上は触れない

誰も楽しくないからね~

当時母が言っていたことが・・・

お世話になるお寺のお坊さんが

透視!?

「この治療を辞めさせなさい!」

「命が危ない!!」

そう母に忠告

その話を聞いた私は、

大丈夫!!

コレ以外方法はない・・・

そう伝えたのです。

1回目の地獄のデトックス

そのまた10年後にまた・・・

過去のお話

自分のカラダを大切に!!

どえらいことになる前にね

ジャンジャン


2013-10-14 | Posted in STORY, 第一章人生は足し算 |