STORY, 第一章人生は足し算

1-13 偉大なる死③ 寺田啓佐様からの遺言


t02200293_0450060011893343418

2012年4月18日に永眠された師と仰ぐ存在。

過去に自分の師だと仰げる存在として初めてかも知れない・・

計り知れない損失

寺田本家23代目当主の寺田啓佐様

日本の酒蔵の中で掟破り、常識破りの酒造り

蔵に住む微生物の働きによってお酒造り

決して常識破り、掟破りではなく

本来の酒造りに戻しただけ・・・

本来の百薬の長に戻した功績は真似できない

しかし

現代の酒造りはコスト重視や現在の法律や

間違った常識や情報の時代・・・

三増酒、殺菌、添加物、人工の菌

二日酔いが残るお酒

人間の都合によって歪められた酒造りの弊害が

お酒離れへと繋がった・・・

行政、保健所の基準、大量生産でいつの間にやら

時間をかけて自然に発酵することより

効率を重視、製造側の都合で人に優しくないお酒に変貌・・・

寺田本家のお酒はまさに「百薬の長」

蔵人の歌による発酵促進効果

炭を20トン敷き詰め、

発酵場を確立しイヤシロチを作り上げた

本当のお酒とはコレだ!!

難解な玄米を使ったお酒「むすひ」むすびと読むは、

麹菌を食い込ますために手間をかけている・・・

そんな

本来は酒蔵は、お神酒とし神様に奉納するもの

人間のかってで書き換えた効率優先の代償は大きい・・・

その遺言とは?

私の個人的なことで申し訳ないのですが・・・

寺田啓佐当主は「常に発酵しちゃえばいいんだよ!」

微生物の働きは調和なんだ・・

悪玉菌も発酵に必要なんだよ

常に微生物の凄さを伝えていました。

2011年に起こった3,11の大震災

甚大な被害が深刻化する放射性物質に関すること。

それは

2012年の年始のご挨拶に残されている

 

t02200293_0450060011936806818

 

確認すると

私は、思わず

「あ~コレだ!!!」

「コレは、我々に残された寺田啓佐様からの遺言だ!!」

そう直感しました。

 自然に逆らいながら人間だけが困らないように、

 人間の都合で勝手にやらかした事に今しっぺ返しが

 起きている。

 放射能問題もそのひとつだ。

 でも「発酵」で解決できそうだ。

 チェルノブイリでも実証済みだが微生物の働きは

 放射性物質をも自然物質に変えてしまう。

 福島県と宮城県の県境の山あいの峠で発酵液を散布したが、

 周りの汚染数値は確実に軽減している。

 今こそ微生物の声に耳を傾けたらと思う・・・。

 微生物が教えてくれた。

 「自然に沿ったらうまくいくよ」って。
私達は、真摯に受け止め

未来ある日本にしなくてはいけない

子供達から借りたこの地球を再生しなくてはいけない。

私は、これが遺言だと信じている。

酒造りで欠かせない蔵の天然微生物たち

「麹菌」「酵母菌」「乳酸菌」「光合成細菌」など善玉発酵菌群がカギである。

手間と労力を惜しまずに造る酒

作り手の愛によって菌も共鳴し調和して発酵する。

偉大なる師の死は自分にとって大きい

でも不思議と寂しさは一切ない・・・


2013-10-15 | Posted in STORY, 第一章人生は足し算 |