STORY, 第一章人生は足し算

1-15 もう一つの震災3.11


2011年3月11日

1000年に一度といわれる震災が発生

その地震のタイミングを狙ってやってきたとしか思えない

3月11日

まさに激震が走ったON TIME

新宿バスターミナルでお迎え

数年ぶりの再会の母

京王デパートで時間つぶしの私は激震に見舞われた・・・

母が羽田から到着すると同時に見舞われた揺れ

私は新宿京王デパートでエレベーターに乗って

そろそろ迎えに行こうとしたとき

エレベーターガールが突然に

「乗らないでください!!」

「体制を低くしてエレベーターに乗らないでください」

片足を入れた瞬間の出来事

あの激震

もう少しでエレベーターに閉じ込められるところ

私より早く気が付いたエレベーターガールに感謝。

その直後に母に携帯電話

繋がった・・・

私は「地震が来た!いまどこ?」

母「何?」

地震が起きていることに気が付いていない様子で電話が途切れた。

2回目の電話を直ぐに入れるも繋がらない

すでに地震の影響のようです。

階段でバス停に向かい

母を見つけた

バスを降りてきているタイミング

私は「今、凄い地震が・・・」

母は「あれ~気が付かなかった・・・」

どうやらバスの揺れでそれほどに感じていない様子

母は「電話が繋がらんかったね~」

なんか呑気??

無事に再開

その再会は、母と一緒にやってきた・・・

昔から嵐を呼ぶ母・・・

本人は自覚していないが

もう一つの震災がこの後に起こるとは(大汗)

それは、あまりにもプライベートなのでご勘弁ください。

オンタイムで新宿に到着する母

わざわざ被災にやってきたのか?

それとも、近くで共有したからよかったのか?

心配性だからよかったのか?

今をもって答えが見つからない(汗)

震災と同時にやってきた母

何か持っている(大汗)


2013-10-15 | Posted in STORY, 第一章人生は足し算 |