STORY, 第三章 笑える事件簿

3-5 オーストラリア ワーキングホリデー就職編


オーストラリア・パースに永住覚悟で望んだ頃ですが、

 

ワーキングホリデー制度を使って英語勉強、

軽い就労が出来るので

どこかチャンスを伺い仕事を見つけ就職し、

ビジネスビザもしくは永住権を取りたいと

野望をもっての生活でした。

英語学校で知り合った仲間達との楽しすぎる

フラット(アパート)生活は、絶好調の極み。

週末はパーティ、BBQ、食事は自炊で鍋でご飯炊き、

ステーキ三昧で半年で5キロ太ったりしました。

仲間達皆太っていき慌ててダイエットです。

私は、1年で10キロ太りました。(笑)

でも

ワーキングホリデーで就職、

永住を考えている人はほとんどいなく、

みな仲間は3カ月で旅行で回ったり、

別のホームスティに移ったり、

1年同じ所にはいません。

兄弟のように仲良くなった仲間達が

次々と離れて行ってからが本番。

孤独な戦いの就職活動が始まりました。

私は、日本食レストランだけは働きたくなかったので、

それ以外でトライ!

以前はホテルで働いていたので、

パースにあるホテルのフロントに向かい

つたない英語で職探し・・・

下手な英語で働けるところはありません。

皆同様に門前払い・・・

スポーツジムで知り合ったオージーが、

ホテルのコックさんで口利き依頼・・・

どこも、語学力、ビザの関係で門前払い。

当然!!

約3カ月位はめどの立たない焦りが・・・・

ホテルの仕事は、

ベッドメーキングでも何でもやりますと言ったものの、

厳しい反応。

もっと幅を広げないと・・・

パースに来て約8カ月の頃に、

仲間からの情報が入ってきました。

ヨッシャ~

それは日本の会社でガイドを募集しているという

早速アポイントをとり面接。

オフィスはパースの一等地のビルの一室。

まだ出来たばかりの会社で、

観光、不動産、リゾート開発を行う当時はやりの

バブリーな会社でした。

面接のちに採用が決まり、

3カ月は見習い研修扱いでの採用に・・・・

日本人社長と日本人女性と、男女オージ2人

日本語できるアルバイト女子大学生

少人数でした。
t02200165_0640048010784126245
私の仕事は、日本から来る不動産購入目的のお金持ちを

空港でピックアップして軽く観光案内かねて、

不動産物件を現地不動産屋さんと案内するという仕事。

なんだか楽し~お仕事。

 

 
t02200168_0800061010784116241
 

 

社長はジャヤガーに乗り、私にはBMWを与えて頂き

幸せな仕事?にありつきました。

奇跡的にラッキーな仕事をゲット。

頑張り次第では、ビザの取得もあり得る!!

 

 
t02200138_0800050010784115091
 

 

ワーキングホリデービザが切れるのはあと3カ月余り・・・

しかし

まさかびっくりの出来事がおこるとも知らずに、ノー天気でいました。

仕事はここだけの話

日本からある○クザの団体をお迎えし物件の案内。

ある時は、日本の土建屋の団体でマナーの悪さで、

ある有名なレストランが

日本人の出入り禁止になる大失態があったり

多くのトラブルが・・・

バブル時代の日本人は調子を漕いでいました。

大人も子供もおかしな日本人が来ていました・・・残念

まる1年間のビザ有効期限が切れる頃に、

正式に採用決定パースで祝福

日本の本社にて

ビザ申請の為に一時帰国となりました。

そこで大事件が勃発するとはビックリ・・・・・

 

残酷な結末が~

つづく


2013-10-15 | Posted in STORY, 第三章 笑える事件簿 |