STORY, 第三章 笑える事件簿

3-10 笑える事件簿?ヅラ事件 その2


t02200165_0640048011010395810
 
中学時代は本当に悩んでいました。さむし、、

 

どうしようもない体の事。

思春期あたりから気になり始めるもの・・・

後頭部が絶壁で人一倍オデコが広い。

 

体が一番小さく、体が弱い。

手も小さく、足が短い・・・

勉強できないし、女子から全然モテない。

残念な時代

不遇な思春期をじっとこらえていました。

なぜだか一つだけ希望があったのですが・・・・

なぜだか将来が楽しみ!晴れ

 

中学校を卒業しても、いまだ一番背が低いのは変わらないまま

高校は県下でも1、2争う偏差値の低い悪学校(当時)

 

何とか入学。

高校は工業高校で頭髪は伸ばしていいのですが

後ろを刈り上げでないと違反でありました。

ツワモノ達はそんなの無視!

私もようやく髪が伸ばせることになったのですが、

小さい頃から髪の毛の量が少ない・・・

どうやら髪の毛が細い

母は、

「海藻を食べなかったからゴメン・・」

(今では関係ない説が)

 

???

この髪の毛のボリュームの無いというのは当時の自分にとっては

深刻な悩み。

床屋さんまでが、二十歳くらいでハゲるよ!宣言されるし

私をいじめる場合はハゲやおでこ関連とチビちゃん

中学時代はヘッドロックされおでこをパチパチされる有様

その後は殴り返しましたが(笑)

とくに通学が嫌・・

自転車に乗ると風で前髪がヒラヒラ走る

 

隠したいデコッパチオデコが全開かっこ悪い・・・・・

あ~

耐えられないよ・・・>3<

 

約半年くらい悩んでいた時ある新聞に光明を発見。aya
なんと、

カツラを買うとラジオがついてくるという画期的な広告

 

親に内緒で注文、そして到着。

私のいない間に届いた「ヅラ&ラジオ」に親はビックリ仰天!

その夜に家族会議。

2人目の父になりかけたおじさんや母、妹の会議。

私の深刻な悩みを告白。

親は「おまえ、そこまで悩んでいたのか・・・・」

ありがたくも、真面目に考えてくれました。

しかし

この届いたヅラは髪質が全く合わない。

アレレ・・・

まるでパロディ・・・

髪質は重要であることを知ったのです。

ラジオも欲しかった自分でありましたが返品決意。

その後の解決方法とは・・・

それは

高校では禁止されているパーマでボリュームを出す方法。おばちゃんパーマ

 

当時

私の新しいお父さんになりかけた人が、

こう言ってくれたのです。

「学校が文句言ってきたら、天然パーマだ!と言ってやる。」

これを機会にパンチを緩めに当てて頂き問題解決。

なわけでありました。

ハッピーエンド

でもでも

私の髪の毛にまつわる事件はこの後も噴出いたしました。

自分の自虐ネタで必ず登場するハゲ話。

自虐ネタもほどほどに・・・・と周囲から聞こえてくるよう

今では、一番好きな光り輝くオデコちゃんであります。ニッコリ!!!

その後は、数年前に減ってきた髪様に焦り

TVコマーシャルで知った薬を服用

数か月でフサフサ・・

最近まで服用

でも薬の常用は頂けない

その後、必要がなくなったのです。

超嬉しい~

知りたいですか??


2013-10-15 | Posted in STORY, 第三章 笑える事件簿 |