STORY, 第三章 笑える事件簿

3-11 ヤ○ザにボコられる


私が調理師学校時代のお話ですが・・

当時は、大阪での寮生活

アルバイトで営業販売の仕事を初体験していました。

慣れない、怪しげな教材の販売

結果は、一つも売れない・・・

当時から、売ることが苦手?

そんなアルバイト仲間と大阪十三近く宝塚沿線の駅

そのホームで起こった悲劇

私たちは男だけ4人グループ

改札から肩をゆらゆら揺らしながら向かってくる2人の男性。

小柄な人と大柄な人の2人が

私達の立ち止まっている所にぶつかってきたのです・・

「オラオラ~」と言いながら

すると目の前で一人の仲間が殴られ始め

驚きで茫然

するとそのうちの一人が

「お前ら!連れがやられているのに助けないのか~」

とまあ・・・

そして

そのうちの小さい男性が私に蹴り・・・

私は、シュッとかわしてしまった・・・

すると2人は、私に方向転換

我体のいいヤ○ザ風の人が殴ってきたのです。

ヤバい(大汗)

壁際に押し込まれボコボコにされていく

私は、必死で目と鼻に喰らわないように

両手で顔面の中心をブロック

その上からめった打ちされ・・・

反撃するとややこしくなる

この場はほとぼりが冷めるまで仕方がない・・・

お友達も手出しをしないは正解。

明らかにその筋の人・・

素人に簡単に手を出すとは・・・

なんてキレイごとでは済まない。

下手に暴れて電車が来るホームに落とされるほうが危険

殴り終わってほとぼりが冷めた2人連れ、

対面のホームから同業者が2人に声かけしてきた・・・

「お~い お前らなにしてんねん!!」

その対面のその筋の人が、2人に注意

どうやら同じ事務所のようだ

注意した筋の人は各上のよう

私たちへの暴行が終了し、

到着した電車で、次の駅に向かった2人ずれ

私達は、一本遅らせ乗車

次の駅でその2人がカップルに絡んでいた(汗)

よほど嫌なことがあったのだろう!!??

困った2人連れ

その日は、何も抵抗できず殴られっぱなしが悔しくて

涙しました・・・

幸いまったく怪我はなし

ブロックが上手かったかも知れない(笑)

そんな笑える事件簿

悔し~

殴られた駅のホーム真下には派出所に警官がいた

気が付いてくれよ~

余計に残念。

大阪十三近くの人気の少ない駅でした。

駅員も気が付いていない??

ヤレヤレ


2013-10-15 | Posted in STORY, 第三章 笑える事件簿 |