STORY, 第三章 笑える事件簿

3-19 お店でチュウチュウ①


t02200138_0800050010798551620
 

昨日は、以前に私がやっていたお店の近くに行く用事があり

懐かしさと、軽く緊張しながら世田谷区にある所を伺いました。ぴーかん

なぜか、

その頃のことを思い出していて気になった事件がありました・・・・

笑えない笑えるお話なので読まないでください冷

それはお店を開店して1年位してある変化?異変?が・・・

お好み焼き屋のお店。

ある時に小麦粉一袋30キロに小さな穴・・・?

う~ん 何??

それから頻繁になんだかおかしいぞ・・・

凄く不安を覚えていましいた・・・・

すると、

隣でお店をされている電機屋のご主人が私に尋ねてきました

「最近、うちの店のコードをネズミがかじっているいるんだが」

「これまでこんなことは無かったし、

お宅がお店を始めてからあるんだよ!」

 

私は、青ざめました。汗1

もしや、

あの小麦粉の穴は・・・・

私のお店が原因か?

それとも反対隣の居酒屋さんなのか?

いずれも同じビルなので、繋がっている・・・

その後

天井の換気口からガタガタと物音が・・・

半年、1年を過ぎると営業中にも運動会が始まり、

お客様もビックリ

時がすすむにつれエスカレートしていき

ある時に私は超ビックリ!!

アルバイトの女の子も!!!

ついに営業中である我々のキッチンの給湯器で発見

ぎゃ~

うわ~ 完全に舐められている!!

当時は私はゴキ○リも怖く、

アルバイトの子にやっつけておくれ!と

へっぴり腰の情けない状態の私。

でも

明らかにネズミさん達は家族を増やしているのは間違いない

これは

本腰入れなければ、店の営業や衛生的にもヤバイ!!!

その方法に苦慮をしていましたんー

その解決方法とは???

では

つづく

読まなくて結構ですビックリ


2013-10-15 | Posted in STORY, 第三章 笑える事件簿 |