STORY, 第三章 笑える事件簿

3-24 オッサンにナンパされる・・・?


オッサンにナンパされる!

は大袈裟ですが・・・

100均でコピーをしていると

 
t02200165_0648048612215200933
 

 

上下ブルーのツナギでファイルを脇に挟んだオッサンが

「コピーは時間かかりますか??」

私は、「それほどかからないです・・」

「いや~慌てなくてもいいですから・・・」

一台しかないコピー機印刷は、気を使うものです

私は、「もう直ぐ終わりますよ!」と一言

「イヤイヤ、ゆっくりやって下さい すいません。」

と低姿勢の人

ちょっぴり小焦りしながら数枚のコピーが終了!

あのブルーのオッサンを探し、

終わったことを告げようと店内をぐるり

いたいた!ブルーのオッサン

でも、動きが早くなかなかつかまらない・・・

挙句に見えない

すばしっこいオッサンやな~

と下を見るとしゃがんで何かを物色している

私は「今、終わりましたよ!」

できるだけ爽やかに声かけ

思ったより早くコピーが終わったので喜んでくれるはずと・・

昨日は、一睡もしていなく爽やかとは言いませんが・・

そのオッサンが

「わざわざ伝えてくれ ありがとうございます」

「いえいえ」と私は、過ぎ去ってお店を出る瞬間に

そのブルーのツナギのオッサンが声をかけてきた・・・

「あの~先程のコピーしていたカラーの絵がキレイでしたね!」

???

「お仕事は、何をされているのですか!?」

えっ!?

まさかそんな質問が来るとは・・・

初対面でいきなり仕事を聞かれ

私は「あ・・・食品関係のことや・・・」

「カラーコピーは一枚30円するし、高くつくでしょう!!」

「私も、外壁塗料の仕事をしていて、

自分で絵を書いてファイルするのです」

「なんだか同じようなことやっているんですね・・・」

私は、

「あ~ハイ。カラーの方が喜ばれるからそうしています・・・」

「そうですか~ご縁がありますね~」

私は、「で・す・ね~」

「また、お会いできるかもしれませんね!」

「このあたりよく来ますので・・また」

そのオッサンは笑顔で私にたくさん話しかけてもらいました・・

若い女の子なら、もっと会話したワタシ(笑)

100均でオッサンに声をかけられ

なんだかニコニコされていたので嬉しいんだけど・・・

ま~いっか

良いオッサンであったのに違いない

こんなの初めてだわ~

幸いにお茶に誘われなくてよかった・・・(汗)

なんてくだらない笑える!?お話。

細菌、私の絵が褒められることが多い(笑)

 
t02200165_0600045012446221078

 

オッサンが描く 子供のような絵

私もオッサンや~ないけ~

ルンルン

キモイ?


2013-10-15 | Posted in STORY, 第三章 笑える事件簿 |