STORY, 第五章 地獄のアトピーと喘息

5-5 地獄のアトピー2度目の発症の果て④


クロ0301のブログ

10年前に起こった体の大掃除は、時がたって又、

蓄積された毒が再発を向かえたのです。

地獄の毒だしをしたもののいまいち原因がつかめない

人は気が付くのに時間がかかるもの

どんなに辛い体験していても

心底に自分と向き合わないと理解できないこともある

私は、人一倍に理解が遅い

時がたてば忘れていく

そして油断した生活にどっぷり後戻り

本当に気が付くまで繰り返す

よく言えば自分を知る旅や学びのようなもの

病を通して自分を深く知る

不幸は不幸でなく

闇を知ることで光を知る

無駄はない・・・

二度目の地獄へ

2009年5月頃から嫌な予感がしながらも、

ゆっくりと再度、

首回りから皮膚が腐りはじまったのであります。

10年前の恐怖は甦り、早めにアトピー専門の医者に

かかりました。

しかし、

医者は「痒みがないのはアトピーでは無い。」

特に治療がされるわけでもなく、

ゆっくり悪化していったのです。

10年ぶりに漢方薬局に連絡して痒みは無いけど>

アトピーが悪化してきました・・

言われた言葉は、

「気合いで直してください。」

え~

気合いで???

前回は強烈な毒だし作戦だったが今回は何か違う

自力で何とかしろ!

そういうことらしい・・・

医者も漢方医もお手上げ

とはいっても悪化は進み、胸、首、お腹、両手、

へと広がり、首から顔へ、さらに

頭へ・・・・・

顔が赤くなり、皮が剥がれてゆき、

ピンセットでひたすら剥がれる皮膚を除去

ステロイドは使わないので

唯一ヨードチンキを塗ったり、

剥がれおちる皮をしょっちゅう

掃除機で吸い取る・・・・

このころから掃除を毎日することに・・・

症状は、背中やお腹周りに黒いカビのような模様があったり

いつになったら良くなるのか分からない不安を抱えた

地獄の旅が再発

4カ月つづきました。

根本から治すには、ステロイドの使用はNG。

自分の体と向き合うしかない。

肌のケアをしようと自己流の改善をスタートしました。

幸い痒みがなかったので、肌を清潔にして、

食事に注意を払い、

一番大事な気持ちを落とさない事を決意!!

原因の一つは、ビジネスの生きず詰まりから来る

気が付かない極度のストレスも大きな要因でした。

この4カ月はほとんど人とは会えない位悪化(特に2カ月)

買い物は、週に1回のみ、スーパーへは夜に

帽子を深くかぶって・・・・

今回は、頭皮が悪化し、

ヨードチンキをたまりかねて塗ったら

髪の毛が2、3日で抜けおちてしまったのです。

ショック・・・

頭頂部は剥げてしまったのでした。

さらに側頭部もむけ抜け心が折れそうに!!

皮膚が腐っていく恐怖は計り知れない・・・

自己治療は、体を冷やさない

苦手のお風呂に入る

お酒は飲まないのですが自家製の梅酒や焼酎を飲んだり

発酵食品を食べたり

嫌いだった海藻やキノコなども積極的に食べたり

いろいろとトライ

痒みのない症状は幸い

10年前とは違う

10年前が100なら今回は70くらい

自分と向き合う地獄の二丁目

このころから、元気に外出できることのありがたさ、

当たり前のことと思っていたなにげないことが、

本当に幸せなことではないのか?と強く感じ始めたのです。

自分の食生活をもっと改善注意をしよう!!

人一倍過敏ならば、自分のカラダが喜ぶことをしよう!

2度の地獄の経験から学び、

ふつうに生きて生活できたいることに感謝をしよう!!

この期間も、母親、妹、らには一杯心配をかけてしまった。

こんな自分に又ならない生き方を、

本気でしなければいけない!

そう決意と同時に回復へと・・・・

当たり前のことに対する感謝がほんとに芽生えた

「開眼」のようなもの。

心配ばかりかけて生きてきた自分ですが、

これからは、

恩返しで生きようと湧き上がってくる何かが

心に誓いました。

初めて真剣に自分の体と向き合った地獄の二丁目

でした。