STORY, 第六章 ちょっぴり不思議なこと

6-4 愛に溢れた黒い犬


t02200165_0640048011097461719
これは夢でのお話し・・・

昨日の夢はとっても印象的で、

愛に溢れた幸せな思いがあったのです。

震災の影響なのか?

見知らぬ黒い大きなワンちゃんが

私の寝っ転がっている脇で、密着していて

とっても幸せそうな表情で私を見ながら時をすごしました・・

一点の曇りもなく、

私を信じ切っていて優しい表情で横にいました。ボーダーコリー

不安な様子もなく

穏やかでありましたが、私が離れようとすると

それを引きとめるような空気に・・・

なので

ずっと、そばにいてあげました。

私が、意地悪しても一切怒らない・・・ボーダーコリー

安心しきったそのワンちゃんの表情は印象的!!

おそらく

この、3.11震災ではぐれた飼い主を感じていたのかも??

人様ばかりではなく、動物たちも同じく被災している!

これからは

人様とペットや動物の心のケアが必要に!!

出来ることは

そっと そばにいてあげるだけで良いのかも知れませんね~

震災による被害者やペットを助けてあげたい!!

でも

助けてあげられないでもがいている優しい心の人びとえがお

自分にできることは

まず、自分が不安定にならないこと!!

そして、近くにいるご縁のある、人、ペット、動物のそばで

優しく、愛を持って接するだけで充分ではないでしょうか??

すべての

地球上に住む生き物は、家族です。ハート

あの夢に出てきた黒いワンちゃん

まったく見知らぬワンちゃん

そばにいてあげるだけでいいのです。ラブラブ