STORY, 第六章 ちょっぴり不思議なこと

6-5 ワンちゃんにモテモテ♡初会話


 

t02200138_0800050010729566953

t02200138_0800050010659020142

t02200165_0648048611387002212

 

t02200165_0640048011494777725

 

 

いや~

超モテモテな私はーと

映画のモテキか!?

なんちゃって

それは夢でのお話なのです。

私は、いつもながら起きる直前に見た夢は大切にしています。

今日も、お目覚め直前だったので鮮明に脳裏に焼き付いている(笑)

夢なので特にストーりーはありませんが・・・

私が夢で飼っている!?柴犬かな?

コーギーかな?

そんな毛質のワンちゃんが、

私を大好きなようで顔をペロペロ舐めるのです。

余りにもしつこく私は立ち上がると

ワンちゃんも立ち上がり、

立ち上がると私位の身長に・・・

逃げ切れずにペロペロと喜んで抱きついてきました(笑)

勘弁して~汗

その瞬間に、

そのワンちゃんが大きな透明な窓ガラスから外をみて

喋りました

何て言ったかというと・・・

「春が来た!」桜

なに?春?

これから冬だよ!?

その時に人生初めて犬の喋っている言葉が理解できたのです。

ワンちゃんが喋った!?

それとも意志が通じたのか?

それは定かではありませんが・・・・

ペロペロ攻撃が避けられてホッとしました。

それにしても好き好きアピールはビックりビックリ

なんたって夢のお話。

春が来たとは何だ?

後で意味が分かるかもしれませんが・・・

ワンちゃんが喋ったことが理解できて嬉しかったようだ(汗)

ワンコと会話したいが願望だったからかな~

めでたし めでたし

変な夢でごめんなさい

 

t02200165_0640048011447567465