STORY, 第六章 ちょっぴり不思議なこと

6-6 空を飛ぶスイスイ ピヨピヨ


 

t02200293_0480064011086529093

 

t02200165_0800060010569595847

 

これは決してマネをしないでくださいね!(笑)

それは先日に見た夢でのお話なので・・・

得意の夢で体験

その夢は、高さ10メートル位の白いアーチを描く橋の上。

真下は浅瀬の海。

ブルーでキレイな浅瀬で50センチくらいの深さの海が広がる

その海には、海の生き物が・・・

お魚、海ヘビが泳いでいたり、

シマ模様がきれいな海ヘビがいると思いきや・・・

それは、良く見るとシマ馬に変身。

夢なのでそんなもん(笑)

そんな高い景色の橋で、

私のお仲間がアドバイスをもらいました。

「飛べるから飛んでみて!大丈夫だから・・・」

いやいや、こんな高い所から飛んだら死んじゃうよ~

その上、浅瀬の海だからヤバイよ・・・(汗)

「でも、大丈夫だから試してみて!」

そんな会話で、

私は思い切って白い橋から一気に飛び立ったのです。

すると、

言葉で表現すると スイスイと勢いよく飛び始め

橋の下をくぐり抜けビルの中の階段を飛びぬけている・・・

時折すれ違う人は、私に気がついていないのです。

お~

見えていないのか!?

でも

時折、気がつく人もいる

おそらく視覚能力のある人にだけ見えているようだ。

その飛行は続き

以前に働いていた職場に飛んで行ったり

お仲間とも再会

その夢でも、ちょっとぎくしゃくしていたお仲間が登場して

ちょっと切ないお言葉態度があったり

別のお仲間が、食品の開発を始めたり・・・

それは俺に聞いてよ~

得意ジャンルだから・・・

なんて思いながら飛んでいきました。

とりとめのない夢でありますが、気持ちよく飛んでいく様は

そうそう

あのスーパーマンが空を飛ぶ感じ。

始めての空飛ぶ体験は、夢なのに感激!

飛ぶ勇気を頂いたあなたに感謝です。

実は、人間は空を飛べるのかも知れませんね!?

高いと所から思いきってください・・・

それは冗談です。

確実にこの世とおさらばになります。

必ず、夢で飛んでくださいね(笑)

良い子は決してマネしないでください。

スイスイ ブ~ン

鳥になりました。トリ ピヨピヨ