STORY, 第六章 ちょっぴり不思議なこと

6-14 悪魔と天使


 

t02200165_0648048612302370545

あ~心がワクワク

久しぶりの高揚感が湧きあがる夢

寝起き直前の夢はリアル

目覚めたら3:00am

忘れないうちに今日もブログアップ・・・

寝起き前にみる夢は、メッセージが強い!

先日も父が夢に出てきて

朝早くから仕事に向かうカッコいい父

亡き父が出てくる時は、必ず父と母が離婚前のお家

そんな夢は明らかに父からのメッセージ

時折ある父からのリアルな夢・・・

離婚前の母親と仲良くしていたな~

なんて

今日の真夜中の夢

寝起きに込み上げてくる幸せ感

久しぶりに沸き起こった感情と

素敵なタイプの女性

素敵なタイプの女性といっても相手が好きになってくれないと

片思い!?

一歩間違うとストーカー!!??

いやいや それは自己満足だけ

相手を尊重できなり独りよがりの妄想

若い時は好きでたまらない女性に猛アタック!!

「もう 連絡して来ないで!!」

なんて言われた記憶・・・(大汗)

言われてハッとした若き自分

偉そうにはいえない・・・・

 

t02200293_0486064812302373520

 

悪魔と天使の夢

夢なので登場人物がまさか!?

私とお仕事を信頼関係があってやっていたはず

その人が豹変した

急に悪魔のように、私を罵ってきた・・・(大汗)

その人物は、「お前との仕事はずっと嫌だった・・」

「お前のような奴とは仕事は今後しない!!」

鬼のような形相で絡んでくる・・・

あれだけ信用していたのに

そう思われていたことにショック・・・

恐怖を感じる罵り方(冷や汗)

「だったら こっちだってお前とは仕事やらない!!」

こちらからも突っ返した

そして飛び出した

鬼の形相と恐怖

あんな奴だとは思わんかった・・・  残念

人の内なる悪魔は理解できない・・・

その人物がナイナイの岡村隆さん(笑)

夢なので笑える・・・

ご勘弁ね~

飛び出していった私は、

田んぼのあぜ道を真っ直ぐに逃げ出し

遠くに離れようと急ぎ足

すると後ろから近ずいてきた若き女性

「私も、飛び出してきたの・・・」

そのままお互いがあぜ道を逃げるように進む

途中に、別の若き女性が私達の後方からやってきた

すると

私と一緒にいた若き女性が、

その娘をやんわり追いやった・・・

直観的に

どうやら二人とも私の事を好きだったようで・・・

めったにモテない私が若き女性にモテていた(笑)

後方の女性は、消えていき

一緒に歩いて逃げていた女性と意気投合

あ~タイプかも知れない

タイプであっても相手が好きでないと片思い

幸い相手も好きなようなので話は早い

すると

岡村隆さんの仲間が私達を探し追ってきて見つかった!!

私は、焦りながらも

「お前らの所には帰らないから・・・」

追手を跳ね除け

その若きタイプの女性と手を繋ぎ

何処に住もうか?

住む所あるけど小さいアパートだけども・・・

二人には小さなアパートであろうが関係ない

思わず言葉が出てきた

「結婚しようか・・・」

アレレ

あっというまの電撃プロポーズ

いいのかな?

相手も良く知らないけど

若い彼女を自分が独占する!?

思考が始まったら夢はTHE END

そんな

悪魔と天使の愛の夢

思いっきり笑える?

夢なので岡村隆さんスイマセン

矢部っちもこっそり夢に出ていました

何か 新しい出逢いを感じた夢

寝起きの夢はリアルでメッセー性が高い!

なんだか嬉しくてね~

離婚して、そろそろ4年だからな~

ワクワクすること

思考してはいけない

夢が終わる

素直にピュアに

愛は感応するもの

打算ではない

駆け引きではない

男女すら関係がない

愛した人が誰であれ、魂が揺さぶられた人こそ愛する

それだけ・・・

 

t02200293_0486064812176165952

幸せな人だな~