STORY, 第六章 ちょっぴり不思議なこと

6-17 発酵の師匠「寺田啓佐様」


今朝の夢・・・

目覚めの直前に観た夢

目覚めてその夢を振り返って、その意味を自分なりに分析・・

すると

あ~

そうだ!

発酵の師匠が永眠されたのが昨年2012年4月18日

約一年前だ・・・

 

t02200165_0600045011982577522

 

昨年に初めて私の夢に出てきていただいた寺田啓佐様

発酵道の著者で、

映画「降りていく生き方」の主人公

千葉県神崎の酒蔵23代目寺田本家の当主

t02200165_0640048011481879823

 

t02200165_0640048011481879820

 

斎藤一人さんの親友でも在られた人・・・

昨年の夢では、

「愛と調和の暮らしの映画をつくりなさい・・・」

「お金はかけなくてもつくれるから」

「出演協力者が協賛すればいいと・・・」

私のお友達への伝言のような夢でした。

 

t02200165_0648048612297420956

 

あれから半年近く

今朝の夢とは?

それは、私の体を心配して頂き

寺田さん自ら、私の体を触診

私を横にして寝かせて、肛門から触診して病を探る・・・

OH~

指で肛門から内臓の不具合をチェック

夢なのにその感覚がリアル(大汗)

何人かの仲間も見守りながら真剣に寺田さんが調べている

同性愛の人の感覚を味わいながら・・・

寺田師匠は、私に優しく話しかけてくれながら気をつかっている

笑顔で、安心していいからね・・・

いつもの慈愛に満ちた深い優しい語り口調

その原因を探りながら

寺田さんは、ハッキリと原因を知る為に何軒か別の診療所に

私を連れて行って頂き、

献身的な愛に感動を覚えながらお伴・・・

慈悲・慈母・慈愛に満ちた人だ・・・

と感じながら感謝

そして、内臓の不調の原因を突き止めたのでした。

「どうやら膵臓だ・・・」

「注意をしたほうがいいね!」

私は、感謝しかない

初めて出逢った3年以上前

あの時も、握手をしたまま、

ずっと話を聞いて頂いた優しさ

包容力ある女性性を感じ、私の抱えていた心の深くを見抜き

慈愛に満ちた人でした。

t02200293_0450060011982544859

 

それ以来は追っかけ

ファン

それをきっかけに発酵にのめり込んでいった私。

発酵が好きというより、寺田さんが好きだった

今朝の夢

ふと忘れかけていた

もうすぐ1回忌

夢でお知らせ頂きありがとうございます。

お会いできて光栄です

自分の中で合掌

やはり寺田啓佐様はい生きています。

あの優しさは変わっていない。

感謝

愛する師匠

 

t02200165_0600045012001568697