STORY, 第七章 人は楽しく生きられるようになっている

7-2 自分の原点はアトピーさん


自分の原点はアトピーさん

 

001

 

時折忘れかける自分の体験

それは喜ばしいこと

忘れ去るくらいに回復した自分のカラダと心

その人それぞれの個体の特徴はあるものの

決して完治ではなくても

お肌が敏感でデリケートなことは変わらない

自分の体調を察知してくれるシグナル

現在は、これまでの人生の中で一番健康と感じる今

酵素を積極的に摂取する食事を意識

野菜や果物や発酵食を中心とした食事

 

少食を心がけ一日2食

ヨモギ乳酸菌・・・

心の在り方

発酵した生き方の大切さ

心・体・食の発酵が基本

性格

食事

思考

行動

潜在意識や顕在意識

DNAに刻まれたもの

学び

お役目

きっかけ

自分を知る

痛みを知り人に優しく出来る

改善した経験を伝える

ビジネスではなくて

お金儲けではなくて

同じ苦しみを経験している人のお役にたてられる

時折忍び寄る

ビジネスという利益を生むことに意識が行くことも

ビジネスが悪いのではなく

必要な報酬を受けることは当然

ドンドン稼げる人は、その才能溢れる人

しかし

全ての人がそれだけを目指す社会も偏っている

どうやら私は違っている?・・・

大きく稼ごうとしたり

大量生産・大量消費で独り占めが成功と信じていた。

自分軸を見失ったり

自分のお役目!?から踏み外すと

その後にアトピーが発症する不思議・・・

分かりやすく

まったく身動きがとれない現象よくが起こる・・・

ビジネスチャンスには、過去において幾度も起こった

お好み焼き・すじめし・コラーゲン・大豆たんぱく・ペットフード・

おせち・発酵食・まるまる元気・ヨモギ乳酸菌・・・

 

自分の引き出しは増えたな~

もちろんいっぱい稼ぐことは必要

ただ

大量生産・大量消費のビジネス成功モデルは

 

いずれは限界にいきつく

拡張路線

銀行から借金をして膨張する負の財産

限られたパイの取り合い

食品においても大量消費は、いくら素晴らしい商品ができても

保存料・酸化防止剤・添加物が必要となる

企業のリスクヘッジとして必要な人工的な添加物は

いずれ費者のカラダで負の代償は負わされる・・・

すべてとは言わないけれども

これからの食は

必要な人に必要なだけ届ける

一人勝ちを狙う発想はもう古いシステムかもしれない・・・

人それぞれのお役割がある

自分の原点を見失うと

大いなるしっぺ返しが起こってくる

その原点を忘れた後にやってくるのがアトピー・・・

発酵から腐敗へと進行する

いつの間にか潜在意識の中で

聞き取れない自分が居る

気がつくまで繰り返されていく負のスパイラル循環

学びの遅い自分

またやった~

そんな自分の時は、大きく背伸びをしていたり

誰かの期待に答えようとか

人から凄いと言われたいとか

見返してやりたいとか

本質とは違うブレている自分がそこにいる

浮気性な自分がひょっこり現れる(汗)

いつもシンプルに原点に戻りリセット

カッコいいことばかり並べていくのではなくて

原点

自分のアトピー体験の中で

純粋にお役に立てる

ふと

格好を付けていく自分が出てくる

格好なんかつけなくていい

いや 恰好くらいつけるべき・・

自分の原点を忘れなければ

人には伝わる

地獄・闇・恐怖の体験は

その体験が大きければ大きいほどに

その振り子は振られる

あせらなくていい

中庸でニュートラルでバランスをとりシンプル

その体験を転換し、幸せに変化していく

よほど

自分の中には

人に認められたい潜在意識があるのかも知れない

神様は全てを知っている

私の全てを受け入れてくれている

 

間違っていれば

原点に戻るだけ

アトピーは自分を正直に映し出す鏡

ありがとうございます。

自分の病は、大切なメッセージが含まれている

心とカラダは表裏一体

調和が崩れると現われてくる

その知らせに感謝

 

t02200293_0450060012083699447

 

素朴にシンプルに

気がつくまで終わらない(笑)

答えは自分の中にある。

ゆるゆる発酵スローライフがいいな~

長い話はこの辺で・・