STORY, 第七章 人は楽しく生きられるようになっている

7-4 夫婦は恋愛ごっこではない・・?


t02200165_0648048612317172547

 

結婚してから変わってしまった

男女ともに聞く声

恋愛時代

結婚前

明らかに違う態度に映る

その本質は、男女の差だけでなく

生活をするという日常の繰り返し

そこにずっと気を使い過ぎ、言いたいことも言えず

相手に気にいられたい!という気遣いを続けることは不可能

不自然は続かない

当然

生活は、すべてがオープン?

こっそり隠れてやっていても、いつしかバレル!?

バレていないと思っていても言わないだけ?

恋愛期間が長いと結婚した時点では新婚ではない?

共に生きるパートナーとなり

お互いの成長のために暮らしていく反面教師が夫婦

恋愛ごっこは続かない

続けて芝居していると、いつしか壊れる・・・

求める要求はあるものの

自分の理想を押し付けているだけ

自分の親のようにはなりたくない!

自分の親や兄弟はこうだった!

自分の家の味はこうだ!

お前のそれが気にいらない!

お互いの理想を押し付けると、崩壊は早い

お互いがすれ違い、陰で悪口が始まる

でもそれでOK

その理解できない相手を認めていく

受け入れていく

完全に受け入れられることは一生無いかもしれない・・・

寂しい!?

それは、男性性と女性性の違い

絶対に理解が出来ない

だって、別の生き物といっていいほど違う

体の構造やホルモンや本能・・・

男は子供を産まない

女性は子供を産む

男は全て女性から産まれてくる

男は、いくら偉そうにいっても女性の子供

母性は女性にしか出てこない

子供を産まない男性には理解はできない

理解する努力だけでOK

恋愛ごっこは長くて3年

子供が生まれない夫婦

ケンカをしない夫婦もいる

恋愛時代と結婚してからとは別もの

愛の形が変化する

嫌われないように過ごした恋愛時代を続けることは不可能

結婚生活は、環境の違う他人同士が共同生活

お互いの違いを受け入れ

もっと緩やかな大きな愛と調和がないと完熟しない

完熟する前に離婚していく・・・

離婚して再婚して、また同じ壁が起きてくる

あなたの目の前にいる人は、あなたに丁度いい

その目の前にいる人から学ぶ

思うようにならないことを学ぶ

諦め、疎遠、不仲、悪口、怒り、憎しみ、

喜び、子供、教育、浮気、借金、仕事、病気、

家族、嫁姑、ペット、学校、趣味、宗教、思想、

お墓、家、健康、食、病気、死

恋愛ごっこでは見えてこない

生活は人生そのもの

自分を成長させていただくパートナー

あえて、真逆の人との生活をチョイスした結婚

夫婦は、どれだけ相手と調和して生活できるかの学び

恋愛ごっこではない

 

t02200165_0600045012324364902

深い愛は、そばでじっと見つめてあげること

相手を思うようにコントロールすることではない・・・

そんな気がします。

子供は夫婦を成長させる砥石

全ては魂の成長のため

成長していく過程にこそ価値があり、

毎日人は変化する生き物

もがき苦しむことが経験

体験や経験がないと成長しない

熟年や高齢者の夫婦

お互いを尊重し感謝でいきている完熟夫婦はいいね?

恋愛ごっこが出来るうちはやればいい・・・

相手は、自分の所有物ではない

人として尊重できるか?

人としての聖域がある

相手を変えようとするのではなく

自分が変わること

一番難しいけれど、それしかない・・・

 

t02200165_0648048612176162780