STORY, 第七章 人は楽しく生きられるようになっている

7-8 自己重量感こそ生きている喜び


美味しいチョコな日

自分で買う(笑)

 

t02200165_0600045012416480017

 

大切なお友達

切ないメール・・・

「すっかり自身が無くなったよ・・・・」

「自分が悪いのかな~」

「どうしていいか分からない・・・」

その友達は、自身を無くし職場を辞めるべきか・・・

辞めたい・・

限界

いっぱいいっぱい

職場の人からの口撃

言っていることと やっていることが違う

その場かぎりの筋のとっていない話と行動

限界に来たお友達

失った自信や不信感や人間不信

その日々の中で体調を崩し、

気がつかないうちに自分を責めて否定する

負のスパイラルにスッポリハマった・・・

自信を無くし、やる気をなくすと食欲も落ちて

周囲の人々とも不調和音

自分が作りだす負のオーラで自分を苦しめていく

そんな不安定のお友達

美味しいゴハンでも食べようよ!

再会は一年振り

見た目は元気そう!

私の方がこの半年で激痩せ!?で心配される(笑)

大丈夫?

食べてる?

いつもの皆さまのお言葉に慣れっこ・・・

この日は、私は覚悟していました。

とにかくこの友達の自己重量感を上げる!

大きなお世話ですが・・・

輝いていた時の自分を思い出してもらう・・・

偉そうにすいませんが

その人の中に溜まった不条理な心を吐き出させること

こころのデトックス

同時に自信を取り戻す

そして、明日に繋げる

そんな思い

女性でありながら、旦那さんの事

新しい彼の事

不倫ではなく本気

そして、職場での自信喪失

辞める?

辞めない?

過去の彼女の流れから察すると、

これまでの仕事の栄光が忘れられない・・

その栄光だったころとの比較

でも

それは過去の事

大事なのは今

今がどうか

その職場環境はどこも同じ繰り返しが続いている

 

 

t02200165_0640048011607931137

 

業界の体質

質の低下

人々の責任感の不足

その場限りの仕事

大いなる欠陥がある業界。

私も長くいた業界なので手に取るように分かる

なんども繰り返す

職場を変えても同じ現象が・・・

自分を変えること

変えても幸せを感じない

辛い結末はいつも同じ

過去の栄光

それを求めている限り終わらない

周囲に求め、上手くいかない人間関係と仕事での矛盾

実力があり、一生懸命に働く人が苦悩する

その繰り返し

その友達は、仕事も出来る、頭の回転もいい

人に教えることが上手い

現代日本の会社では教育がされていない

教育されていないのに、できていないと切り捨てられる矛盾

まったく余裕の無い冷たい世界

教えないと育つわけがない

愛が足りない職場

その切なさに1人立ち向かう友達

ただ大きな組織

変わらぬ体質にヘキヘキ

社員からの納得いかない指示や態度

変えたくても変えられない

自分が変わると相手も変わる

ただ

全てではない・・・

どうしようもない状況もある

純粋に頑張っている人達が危ない

優しさが、いつしか自分を責め出す

気がつかないうちに

表情も陰り、心やカラダの病へと向かう

気がつけば幸い

気がつかなければ不幸?

自信を無くすことは生きている喜びを忘れてしまう。

気の弱い人は自分を責め

気の強い攻撃的な人は、他人を責める

形は違っても根っこは同じ・・

 

t02200165_0640048011607932767

 

 

自己重量感

この日は9時間以上に渡ってあなたの素晴らしさを伝えた

帰りには、今日はよかった~

嬉しかった~

笑顔で別れました。

全ての人が必要な存在

あなたも私も

自己重量感でもって自信を取り戻す

褒めて 褒めて 褒めまくり

いろんな角度から自分のいいところを褒める

人は無限の可能性を秘めた最高の生命

自分が落ち込んだ深さほど喜びもある!

周囲の人は、徹底的にそのひとの重量感を満たせてあげる

心の底から

褒めて 褒めて 自己重量感を満たしてあげる

ただそれだけ

 

t02200293_0480064011607931139

 

これまでのちっぽけな価値観だけでなく

 

自分の持つ能力が100%出し切る

喜びが溢れだす生き方が出来ることを願うのです。

笑顔での別れの中で感じている道筋

新しい やりたいことを思い切ってやる

自分の生き方

誰にも真似が出来ない

一人ひとり違う充実感をたっぷり味わう

自己重要感を満たすのは自分

そうするとエネルギーが湧きあがってくる

幸せ過ぎる自分らしい人生が始まる・・・