第六章 ちょっぴり不思議なこと

2013-10-15

6-1 スピリチュアルマスターとの再会


t02200165_0640048011494776557

 

スピリチュアルマスターって何??

私もよく分からないのですが、

おそらく、喫茶店のマスターではないようです(笑)

その言葉は何でもいいのですが・・・

人の意識の目覚めの為に存在する人だとか?

それは

人は誰しも持っているものかも?

但し、その影響力の違いはあるのかも知れませんね!

自分の人生において時折現れ、大切な一言を伝え

なぜだか、心に刻み込まれる。

日常の生活の中でも時々ある、意味ある言葉やメッセージ。

そういえば、毎年おみくじを引くのも似たようなもの?

しかし

重要なメッセージや、大切な話を受け止める準備がないと

通り過ぎて行ってしまうこともしばしば・・・

それでもOK

また

巡りあって、気が付いていく。

私も、久しぶりに再会

この今の自分にお言葉を頂きたく訪問をしました。

あまりにもプライベートで

デリケートで、

期待をワクワクさせながら再会。

過去に私の離婚のきっかけを作って頂いた人(笑)

年齢にして、80歳くらいかな~

医者から見放された末期がんや、

不治の病の人達が訪れている所

その人のガイドさんからのメッセージを伝えることもしばしば。

しかし

この先生は、基本は喋らない。

アドバイスは、めったにしない。

それは、その人の気づきのために、べらべら話さない。

なので、これまでやってきた病の治療は今後行わないと・・

なぜに??

それは、

その人の病だけ治しても、魂の成長にならないから

人の病は、現象であるが、

目的は魂の成長なのであるようです。

話がそれましたが・・

伊豆での再会で、私は戸惑いと、アレレ・・・

そんな先制パンチが

「あなたは、今日は何しに来たのですか?」

「なんの相談があるのですか?」

え~??

汗が噴き出そうな暖かいお言葉に焦ったのです。

え~っと・・・

「相談することは何もありません・・・」

すかさず返しました。

意表を突かれた確信的な質問に寂しさと、アレレ感と

自分の中で整理されていた心の在り方を再確認。

そうか~

今の自分の悩みや相談事は本質ではない・・・??

一瞬の迷いか?

とにかく、スピリチュアルマスターとの再会だけでも幸せ。

一言だけお言葉が・・・

「全ての成功に基づくものは愛である」

「愛がある会社は成功している」

「お客さまに喜んでもらうことを実践している!」

「お金に走ってはいけない」

「お金を追いかけるようになると上手くいかなくなる」

「自分が食べられだけ稼ぐだけでも成功です」

「あなたは成功しますよ!3年はかかります」

そんなお話が数分。

「あなたがここに来た理由がわかりました・・・」

「なるほどね・・・気になったんですね・・」

なんて独り言・・・

何か感じ取ったようでした

「これからは、お友達としていきましょう!」

え~

お友達??

あっけにとられた私は、お礼をしようとすると

お友達からは頂けない・・・

あ・・・はい・・・

なぜだか、両手で握手

なんだか嬉しくって、感謝が込み上げて来て

私の倍位の年齢のスピリチュアルマスターと友達!

光栄なこと

ぶれない自分を

そして、愛をもってお役目おおつとめ奉仕。

任務を遂行致しま~す(笑)

10分間の再会の価値は計り知れない。

人間は誰しもスピリチュアルな存在。

そんな言葉さえ本当はいらないかも?

スピリチュアルが氾濫している

神様から頂いた命

分け御霊

真我

めいいっぱい生きるだけ

迷いも生きている証拠

全ての体験経験こそ貴重なこと

死ぬまで思い切って生きる

苦しみは自分次第で和らげる

全ては自分のフィルター次第

かもね?

往復6時間

再会10分

貴重なお時間にお礼申し上げます。

マスターならコーヒーくらい出してよね~